管理人のよしママです(#^^#)

 

今回の記事では、電話占いジプシーについて記事にしていきますね。

 

電話占いジプシー って何?

 

管理人
管理人
占いジプシー、または電話占いジプシーという言葉を聞いた事がありませんか?

まずジプシーという言葉は、遊牧民という意味です。

 

遊牧民というとモンゴルを思い浮かべますが(私だけかな)

あっちこっち移動しながら生活する民族の事なのですが これと同じで 電話占いジプシーというのは電話占いをあちこち利用し複数で見てもらっている人を指します。

 

いわゆる電話占いにハマってしまった人の事を 電話占いジプシーと言います。

 

電話占いジプシーの特徴

依存状態に陥っている占いジプシー。

  • 自分の欲しい答えが出るまで占い師を変えてしまう
  • 複数の占い師に見てもらいその答えが一つに一致しないので正解を探してしまう

このような思いから、1つの悩みを複数の占い師に手当たり次第に相談してしまうところが特徴です。

【体験談】元彼と復縁したい一心で占いジプシーになってしまった女性

私が電話占いを知ったのは、別れた彼と復縁する方法をネットで調べているときです。
藁にもすがるような思いで飛びつきました。

それからは、「よりを戻せる」という言葉を言ってほしい一心で複数の占い師さんに相談しました。 仕事も休んでしまう日があり、気付けば15万円ほど電話占いに使っていました。

そんな中、みてもらった占い師さんに「あなた占い依存になってないよね?」と指摘されたことがあったんです。

そのとき、やっと自分がそういう状況に陥っていると気が付きました。

さすがにこんなことではヤバいと思い、電話占い依存について質問サイトで質問、相談しました。

そのサイトのコーナーの中に、「元カレに依存してるのに、占いにも依存してどうするんだ」っていう回答があったんです。その言葉にハッとさせられました。

ですが、結局依存から抜け出せたのは、占いにお金を使いすぎてしまい生活が苦しくなって致し方ないから。

自分からは抜け出せず、お金がなくなってできなくなったため初めて辞められたという事なんです。

なんでもそうですがこれが依存の怖さなんですよね。

利用金額は15万ほどですんでいるかもしれませんが、依存度は深刻です。

注目したいポイントは3つほどあります。
注意したいポイント
・占い師または自分以外の人に指摘されるまで、自分が占いに依存してしまっていることに気づいていない
・依存に気付いたあともすぐには抜け出せず依存から抜け出すにはどうしたら良いのか」質問サイトで相談している
・最終的にはお金が底をつき、利用できなくなったことで致し方無く抜け出せた
自分ではどうすることもできなくなってますよね…。
こういう状態に陥る原因は医学的に「脳」の仕組みにあると説明されています。

医学的に見る依存の原因は「脳」にある 心が弱いとかいう問題じゃない!

厚生労働省によると、依存は心の弱さからくるものではなく、脳に「ご褒美を求める回路」ができるせいなのだそうです。

例として電話占いに依存してしまった方の脳には、このような回路が出来上がっていると考えられます。

お薦めの流れ

1,占い師に相談する  (不安を解消したいため)

2,占い師から助言をもらう (安心できるご褒美)

3,アドバイス通りに行動する

4,上手くいったら次の指示を受ける  上手くいかなかったら対処法を相談する

 

占い師さんに相談し安心すると不安や辛さが解消される事を脳が強く覚えてしまうことになり、「占いをすれば不安やつらさから解放してもらえる」という回路が働いてしまうようになるんです。

つまり、誰もがなりえるってことなんですよね^^
そう、他人事じゃなくあなたも私もいつそんな風になるかわからないという事なんです。
今依存に悩んでいる方「自分の心が弱いせいだ」と自分を責めなくていいんですよ、“脳内で回路が働いているんだ”と客観的にとらえるようにしましょう。

電話占い依存は復縁希望の女性が多い

電話占いに依存してしまった人について調査をするとやはり、「元カレと復縁したい」と悩んでいる人が多いようですね。

そのほかには、

  • 浮気
  • 不倫
  • 進展しない片想い

など、恋愛が上手く行っていない人が基本多い傾向にあります。

私、進展しない片想いについて複数の先生に相談した経験があるな…。
こういったお悩みの場合、最初から強い不安を感じて(平常心でいられない)電話占いに相談する方が多いようです。
もしかしたら、脳内にご褒美を求める回路ができやすい体質なのかもしれないですね。
おすすめの記事