占い師のスタイルも色々

職業占い師=人生アドバイザーという概念はもはや一般的でしょう。占い=未来予知というより、

恋や結婚から仕事の人間関係等々、人が心に抱える色々な悩みや問題を相談できる場として、

ネットサイトでも色々な占いコンテンツが日々立ち上がっては、悩めるユーザーが関心を集めている現状です。

占いのみならずカウンセリングのスキルを専門的に身に着けている占い師は非常に増えてきており、

「占いカウンセリング」という名称も一般化している今日この頃です。

相談者の様々なニーズに応えられるよう、コミュニケーションスキルや心理学、色彩学などの専門的な学びも

プラスαの要素として仕事の内容を充実させている占い師もまた大変増えてきました。

ただ、本来カウンセリングというものは、アドバイスや助言を行わないのが通常のあり方です。

相談者の自発的な気づきをうながすのがカウンセラーの役割なのです。対して、占い師は「どうしたらよいでしょうか?」「今後はどうなっていくでしょうか?」・・・

相談者からダイレクトにアドバイスや助言、ときには未来予測までもを求められるもの。

占い師の仕事とは非常にハードなものだとも言えるでしょう。

占い師のタイプも色々

どんなスタイルであれ「運勢」について明確な回答を持っているのが占い師の最たるお役目でしょう。

その運気の波を読み、相談者の未来を切り開いて開運に導く「開運アドバイザー」が占い師です。
占断結果をどう相談者に伝えるか、話し方や接し方にはやはり個々の性格タイプが大きく出るところになります。

占い師が相談の中で何らかの危機感を感じたときなどには、相談者のためにという大前提で、

ときにストレートな物言いがあることもあるでしょう。

もちろん、押しつけやお説教は NG です。まず相談者は自分の話をよく聞いて欲しいものだと、

心のよりどころや共感を求めて占いを訪れている人が多いということは多くの職業占い師の間で

おおよそ一致していることです。

そんな占い師でも、「間が持たない」と感じてちょっとしゃべり過ぎてしまったとか、

シンプルに短いアドバイスでまとめたつもりが「元気がでなかった」と言われてしまったなど、

クレームにつながった話なども聞かれます。

生身の人間同士のコミュニケーションなので、微妙に行き違うことともあるのでしょう。

 

あなたの求めるものは?

相談者も色々です。今日明日をどう生きるかという切実な悩みを抱えて占いの扉をたたく人もいます。

悩みというよりちょっと背中を押してほしいだけの人もいます。

「いつ、どうすればいいか」を具体的に聞きたいという人もいます。

人の心のぬくもりや、癒(いや)しを感じられればそれでいい人、気分転換できればそれでいい人も・・・

あなたはどんなものを求めていますか?

当たる当たらない、有名無名、安い高い・・・そういう目線でばかりなく、

「この人は今の自分にフィットする?」そういう目線も、ひとつ占い師選びの際には大切にしてみるのもよさそうです。

そのためにも、まずは今のあなたが占いに求めているものを、具体的にイメージしてみて下さいね。

存在意義が多種多様に広がる現代占い師ではあるので、まずは色々お試しいただくのが何よりでしょう。

インターネットや SNS にはあふれるほどの「無料占い」。

有名・無名問わず多くの現職占い師さんが PR を兼ねて自分のツイッターやブログで無料占いを提供している昨今です。

占い師にしてみれば勉強がてらの広告・営業活動というところですから、どんどん利用しちゃいましょう!

無料占い

ただし、無料占いは、言ってみればお試し占いであり、食品売り場の試食みたいなものです。

もしお口に合うようでしたらぜひ商品を購入して下さいね♪ というメッセージが込められている

お試しサンプルなのです。

何度もそれだけリピートしてやるたぐいのものではありませんので、イイナ!って感覚があったらぜひ、

有料占いへ。そこでしっかり占ってもらうことが何より重要です。

よく時間制占いでは、最初の 10 分が無料という料金設定のところもありますが、

何か相談ごとがあったとして、相談者の話を聞き、問題を解決するためのいくつかアドバイスを

導き出すまでにやはり 10 分で占いを完結するというのは物理的にむずかしいものです。

10 分そこそこの無料占いを複数ハシゴしたところで、結局何も解決できなければ時間の浪費に・・・

時は金なり。かえってもったいないことになってしまいます。

無料お試し占いは、それで何かを解決するというより、自分と相性のよい話しやすい占い師を

探す目的で使うのが妥当でしょう。

各占い師につき1回限定で、お試し下さいね。

相性のよい占い師チェックポイントは下記 3 点有料占いの時間と料金は納得?

まずお試し前に、事前の有料占いの金額を。あなたの納得できる相場なのかを

チェックしておきたいところです。無料がよかったから有料へ・・・と見てみたら料金が高額でムリ!

なんてことにならないように。

また延長料金が入っている、いないで最後の会計でトラブルになんてことも発生しています。

時間制、件数制など料金設定も占い師によってバラエティに富んでいますから、不明な点は必ず相談前に、

問合せておくのが無難ですね。

あなたのニーズと一致する?

「不倫相談 NG」とか「ジェンダーのお悩み OK」などプロフィールに得意・不得意を掲げている占い師も多いものです。

あとで知ったとか、よく見ていなかったとか、結構相談がはじまってから気づく人もいるようで、

もったいないもの。せっかくなので、占い師のプロフィールはじっくりすみずみまで読んで下さいね。

あなたとの相性は?

占い師も個性豊かな人間ですが、まずはあなたにとっての話しやすさが何より大切。

占いの結果を出して伝えるまでの中で、雑談が多い人もいれば無口な占い師もいます。

伝え方にもカジュアル、しっかり、スローテンポ・・・色々です。

あなたのほうにたくさん話したいことがあるときと、たくさん占い師からの助言が欲しいときで、

選択が変わってくるのも自然でしょう。

電話占い・占い館

「電話占い会社」もたくさんオープンしていますし、街中には「占い館」やショッピングモールの

「占いブース」など、占いが提供されている現場は幅が広がっています。

会社・組織などいわゆる企業が提供する占いでは、占い師とは別のところに受け付けと会計係がいるので、

個人で仕事をしている占い師より利用しやすいかもしれません。

とくに料金設定は各社それぞれの時間制の中にもルールが異なり、お得なポイント制が導入されていることも

あり、メリットが盛りだくさんです。

最終的にはあなたと占い師個人の関係性にかかってきますので、「どの会社がいい」「どの館が当たる」

といったことよりも、「占い師個人」に目線を移行していくのが得策かもしれません。

時と場所に応じて変わっていくあなたのニーズに合うように複数の占い師を抑えておくのも賢い方法です。

気に入った占い師さんに出会えたら、ぜひとも時間を作ってしっかり向き合ってもらいましょう。

正式な運勢鑑定もおすすめ

「占い」も正式になってくると「運勢鑑定」と言われます。鑑定力を証明する免状やディプロマを保有している鑑定師によって、多くは相談者と直接会って対面で行われるものとなります。

時には一件の相談に 2〜3 時間かかることもあります。

鑑定料も高額になり、十万円単位というのもめずらしくありません。

それでも相談者の話をカウンセリング以上に深く聴き取り、オーダーメイドの重厚な占いを提供してもらえますから、占い大好きさんなら一度は体験してみていただきたいものです。

 

以上、幅広く、自由な感性で「占い」を自分なりに活用して、今よりもっとずっとハッピーライフを

満喫していただければと思います!

おすすめの記事