占いの種類

ひとことで「占い」と言っても、その幅は広がりを増し、自由な感性で自分なりの活用法をしている人が

多くなってきています。巷にはたくさんの占いがあふれていますから、いざ占ってもらおう!

と思い立ったところでさて、どこで? どうやって? 目移りしてしまう人もいるでしょう。

でも実は、これだけたくさんある占いのいわゆる占法には、それぞれできることとできないことがあり、

役割分担が決まっているのです。

たとえば「タロット占いが好き!」という人でも、交際相手との相性を占断する場合は、タロットは用いないほうがよいでしょう。

タロット占いは相性を占断するのにはあまり適していないのです。

 

基本の三術を知っていますか?

元来占い師は、複数の占術を併用してひとつの占断を下すことが好ましいとされ、伝統的には命術(めいじゅつ)、卜術(ぼくじゅつ)、相術(そうじゅつ)の三術を併用して使用することが本流とされていました。

まずは、この三系統の占いを紹介していきましょう。占いはじめの一歩さんへの占いガイドラインとして

お役立て下さい。

命術(めいじゅつ)とは?

生年月日を用いて占断を下すひとつの占法(せんぽう)です。
西洋占星術、九星、気学、四柱推命、紫微斗数、算命学、数秘術などが挙げられます。
占いを正式には「運勢鑑定」というように、まず人がそもそもどのような「運勢」をもって生まれているのか、ここが大変な肝、重要素です。

個人の運勢を、生年月日をからひも解こうという占術が命術です。

命術では主に、相談者の人生傾向、性格傾向、長所と短所、出会いと恋や結婚、適職など、総合的にひとりの人のあらゆることを丸っと見渡します。いわばその人を「解剖」し「分析」するためのものと言えるでしょう。

婚期や死期など人生における重要なできごとがいつ頃発生するのかといった人生の波、波の勢いがいつどのように上下するのか、人の運勢全般についてを占断することが大きな役割です。

今では占い師によっては「死期を占断するのはタブー」だとしている人もいます。

しかし、古来より占術は国事や祭祀を占うためのものであり、一国の主としての王の命運はそのまま国と民の運命を左右するものとして、その生誕と死期は占断の対象とされてきたという歴史があります・・・

伝統的には人間の死活問題をあつかうのが占いだったことは事実なのです。

このように、まず「ひとりの人間」をまるっと見通して、自分自身について新たな発見をしてもらえることが大前提となる占術です。

結果、どういう人間と相性がよいのかわるいのかと、「恋愛・結婚運」を論じることができ、

また、2 人の人間それぞれを命術で占断することで相性のよしあしを論じることができるわけですね。

まず生年月日からはじまる、それが占術の基本です。ゆえに命術は占いの中で最も人気が高く、またベーシックな占いだと言えます。

最も多くの占い師が存在する分野でもあり、占い師にとっては新しい占法が次々に生み出されているような日進月歩の激戦区かもしれませんね。

卜術(ぼくじゅつ)とは?

道具を用いて占断を下すひとつの占法です。
タロット、周易、断易、奇門遁甲、ダイス、ルーンなどが挙げられます。
命術を補うサポート役をになうとされています。

たとえば、命術で占うにあたって、同じ生年月日の人なら同じ運勢なのか?

という疑問がわきますね。しかしながら、異なる環境に生まれた別個の人間である以上、

それぞれ唯一無二の運勢を持っているというのがそもそもの占術における考え方になります。

その個別の環境やその人独自の問題に対して使われるのが卜術になります。今いる環境が違えば、毎日の暮らしもつき合う人も直面する問題も変わってきます。

「交際相手の気持ちがわからない」って悩みは占いの鉄板相談ですが、その人どこの誰とどんな恋をしているのかなんてことはもう個別のオリジナルのストーリー。

「彼の気持ちは?」「告白はしても大丈夫?」・・・卜術でていねいに質問を立てる=占的を立てながら、

ひとつひとつ占断を下していきます。このときほぼほぼに占師は同時に命術も使っているものです。

また、命術では「相性がよくない」とされた 2 人の人間でも、その障害を乗り越える方法を

卜術にゆだねることができるのです。いわゆる危険を回避する術、これをになうのが卜術でもあります。

また、たとえば命術では運気がわるいとされている時期でも、

人は勝負に出なければならないときがあるものです。

その勝負にどうしたら勝てるか? 人生の戦略術、それが卜術でもあります。古来、占術は戦法でもあり、

国家間の争いにも用いられてきた道具でもあるのです。
がしかし、争いは最後の手段でした。まずは国家の平安と調和について「どうしたらよいでしょうか」

と神に問うための卜術だったのです。

熟達には時間がかかる卜術

人生の様々な局面で、人は壁にぶつかり、迷い、悩みます。その壁は、自分を変えて乗り越えるべき試練なのか、それともありのままの自分としてその壁を打破するべきなのか?

そんな問いかけに応えてくれるのが卜術でもあります。タロットは人生の解釈学である、

易は人生の指南書である、とも言われています。

ただ実際にタロット占いやルーン占いをやったことがある人はご存知の通り、その道具をいつ誰が

繰り出すのかによって、出目がコロコロと変わってしまうことがありますね。

 

便利な卜術で、今や手軽に購入もできますし簡単に扱えるように見えるのですが、

実は使いこなすまでには長い年月が必要だったりもする分野なのです。

それはもちろん、命術、相術、あらゆる占術に通じることでもありますが、自己流で占断できないときは、

迷わずプロの占い師に観てもらいましょう。

相術(そうじゅつ)とは?

 

観象学とも言い、長い時間をかけて人間の姿・形の特徴から、その内面的な人柄、能力などの共通部分を

抽出して今日まで残ったデータをもとに占断を下します。

一種の形態的統計とも言われています。手相、人相、家相、風水、姓名判断 などが挙げられます。

人間の姿・形を観察することで、その内側の個性やパーソナリティー、

能力などについて占断を下すものですが、字画で占断する姓名判断も、

その見た目の「字面」の形状がその画数という数値に表されているという考え方から、

この属性があるものとなります。

とくに顔面と手は個人の情報庫であり、その人の歩んできた人生の年輪が記されているようなところと

されています。人体のパーツばかりではなく、座り姿、歩き姿、笑い方や声による占断もあります。

理論だけではものにならず、経験によってスキルアップする要素が強いのも特徴で、

相術においても例外なく熟達までには時間がかかり、まず何よりも実際に相を見る数を増やしていくことで

技術が培えるものとされています。

古来、占術家は、命術、卜術の二術を併用し、ひとつの質問に答えていくのが基本とされています。

東洋占術の場合は、二術に加えて、相術(人相、手相)も求められます。西洋占術がメインの占い師は、

とくにこの相術にこだわりがない人も多く見受けられます。

以上、占いの伝統をお伝えしました。ちなみに、タロット専門の占い師さんが、

相性でも何でもタロットで全部やります!というお仕事をしていらっしゃる光景なども結構見られ、本式からするとそれはいわば「力(ちから)ワザ」だと言えるでしょう。

伝統は大切なものですが、「ねばならない」ものではなく、いつ誰がどこで何を正しいと決めた世界の占いではありません。

相談者が納得して幸せになっていくことが何より大事な占いの世界です。

あなたの気に入った占い師さんが得意の占術で力ワザを発揮するなら、それを推すのもよいことでしょう!

(了

おすすめの記事